寺谷和臣の顔画像は?NISSHAの企業秘密を持ち出した動機は?

6月5日に、企業秘密である技術情報を勝手に持ち出しとして、NISSHAの元社員である寺谷和臣容疑者(43)が逮捕されました。

寺谷和臣容疑者は、技術を持ち出し後、NISSHAとは競合している中国の企業へと就職したようです。

寺谷和臣容疑者の顔画像や、事件の動機などについて詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

寺谷和臣容疑者の起こした事件の概要

寺谷和臣容疑者の起こした事件の概要は、次のように紹介されています。

NISSHA(旧日本写真印刷、京都市)の企業秘密である技術情報を海外で使用する目的で持ち出したとして、京都府警は5日、不正競争防止法違反(営業秘密の領得)の疑いで、元社員の寺谷和臣容疑者(43)=中国在住=を逮捕した。

 逮捕容疑は2017年10月下旬から11月上旬、関連会社の事務所で、NISSHAの主力商品の技術情報を自分のハードディスクに不正に複製した疑い。

 府警によると、寺谷容疑者は当時、技術系管理職として勤務し、情報へのアクセス権を有していた。現在、競合他社で働いており「利益を得たり、国外で使用したりする目的はなかった」と容疑を一部否認している。

引用;https://this.kiji.is/

会社からすると、技術情報を持ち出されるのは大きな損害になることです。

ですので、民法などでも規制されているのですが、このような事件が起こってしまうのですね。

寺谷和臣容疑者のプロフィール

氏名 寺谷和臣(てらたにかずおみ)
年齢 43歳
住所 中国

職業 元NISSHA社員
容疑 不正競争防止法違反

寺谷和臣容疑者は、2017年10月下旬から11月上旬にはNISSHAの社員であり、技術系の管理職に就いていたようですね。

その立場を生かし、不正な技術情報の複製を実行することができたのでしょう。

そして現在はNISSHAとは競合しており、中国にある他社で働いているようです。

寺谷和臣容疑者の顔画像は?

寺谷和臣容疑者の顔画像は公開されておりませんでした。

また、寺谷和臣容疑者のfacebookに関しましても調べてみました。

ですが、寺谷和臣名義で、友達にNISSHAで働いている人が多くいるアカウントはありましたが、本人のものとは断定できませんでした。
寺谷和臣のfacebook検索結果

スポンサーリンク

寺谷和臣容疑者の事件を起こした動機は?

寺谷和臣容疑者は、NISSHAでは技術系の管理職に就くほどですので、相当長年働いていたのでしょう。

そんな寺谷和臣容疑者が、企業秘密の技術を持ち出す動機としては、お金や地位の可能性があります。

海外に技術を高値で買ってくれたり、技術提供で上位の役職に就かしてくれる所があったのかもしれません。

または、何かしらの形でNISSHAに恨みを持っていた可能性もあります。

その仕返しをするために技術を持ち出したのでしょうか?

ただ、寺谷和臣容疑者は現在、NISSHAと競合している他社で働いていることから、技術の持ち逃げをするつもりであった可能性は高そうです。

今後、新たな情報が入り次第追記していきます。

寺谷和臣容疑者への罰則は?

寺谷和臣容疑者は、不正競争防止法違反の疑いで逮捕されました。

こちらは、民法では次のように定められています。

第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う

引用;https://ja.wikibooks.org/

このように、具体的な罰則は定めれていませんが、違法性が高いものに関しては、次のように定められています。

①日本国内における営業秘密に係る不正行為に対しては十年以下の懲役若しくは二千万円以下の罰金又はこれらを併科する(法21条1項柱書)
②日本国外における営業秘密に係る不正行為に関し、一定の場合に対しては十年以下の懲役若しくは三千万円以下の罰金又はこれらを併科する(法21条3項柱書)

引用;https://www.komon-lawyer.jp/

今回の事件で寺谷和臣容疑者が、どのくらい重要な技術を持ち出したかや、持ち出した技術をどのようにしたのかがわかりません。

ですので、具体的にどのような罰則になるかは予想がつかないです。

ですが、大変重い罰則にはなるものだと思われます。

ネットでのコメント

この事件を受けて、ネット上では日本の技術の管理という部分での不安の声も挙がっています。

・中国在住の競合他社。。。
日本でもこうした事案について、
真剣に国レベルで対応する必要がある。

日本も早く産業スパイというジャンルに限定して、スパイ防止法を厳しい罰則で法制化しないと駄目だな。
技術や権利の部分で、エンジニアを冷遇してきたから、個人レベルの道徳心が防御壁では簡単に流出してしまう。エンジニアへの待遇改善と、スパイ防止法を同時に進めてほしい。

罰則・刑罰が甘すぎて後をたたないのでしょうね。
個人的に売り込むか、就職の際の手土産にするつもり
だったのでしょうね・・・。

これでしょう。中国が散々日本と米国にやってきたのは。それをアメリカが取り締まりだした。日本は何かしてる?
東大の院生の25%が外国籍はどうなの?

引用;https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

最後に

今回は、寺谷和臣容疑者の起こした事件についてみていきました。

日本から技術が持ち出されて、ほかの国に使われたりしながら利益を出されるのは、日本の人からすると許せないものですね。

このような事件がなくなってほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする