宮里栄吾の顔画像は?事故現場を特定⁉トラックによる事故の原因は?

6月15日午後1時ごろに東京都世田谷区砧で、横断歩道を渡ろうとしていた男性がトラックにはねられる事故が起こりました。

この事故で、トラックの運転手である宮里栄吾容疑者(50)が逮捕されました。

宮里容疑者の顔画像や、事故現場などについて見ていきます。

スポンサーリンク

宮里栄吾容疑者の起こした事故の概要

宮里容疑者の起こした事故は、次のように紹介されています。

東京・世田谷区で82歳の男性が横断歩道を渡ろうとしていたところ、直進してきたトラックにはねられ、死亡しました。

15日午後1時ごろ、世田谷区砧で、近くに住む無職の林勉さん(82)が横断歩道を渡ろうとしていたところ、まっすぐ走ってきたトラックにはねられました。この事故で、林さんは病院に運ばれましたが、頭の骨を折るなどして死亡しました。

警視庁は、トラックを運転していた運送会社社員の宮里栄吾容疑者(50)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。宮里容疑者は容疑を認めているということです。

事故当時、宮里容疑者は引っ越しの荷物を運んでいる最中で、現場には強い雨が降っていたということで、警視庁は、宮里容疑者の前方不注意が原因とみて、経緯を詳しく調べています。

引用;https://news.tbs.co.jp/

宮里容疑者は、トラックで横断歩道を渡ろうとしていた男性をはねたようです。

被害者の男性は事故後に、病院に搬送されるも死亡してしまいました。

事故の時間が午後1時ということですので、事故の目撃者も多そうですね。

事故現場を見た人は衝撃だった可能性が高そうです。

宮里栄吾容疑者のプロフィール

氏名 宮里栄吾
年齢 50歳
住所 不明
職業 運送会社社員
容疑 過失運転傷害

宮里容疑者の住所は公開されていませんが、事故は東京都内で起きましたので、その近辺には住んでいる可能性が高そうですね。

宮里栄吾容疑者の顔画像は?

宮里容疑者の顔画像に関しまして、現時点では公開されていませんでした。

また、facebookやtwitterに関しましても調べてみましたが、宮里栄吾名義のアカウントは見つかりませんでした。

スポンサーリンク

事故現場

事故が起きたのは、東京都世田谷区砧のようです。

詳しくはこちらの東京都世田谷区砧2丁目23−2にある、ファミリーマート砧城山通り店の正面付近にある横断歩道のようです。

こちらの道路を見ますと、横断歩道はありますが、信号はないですね。

信号がないのも事故が起きた一因となった可能性もあるでしょう。

事故の原因は?

事故当時、宮里容疑者はトラックで直進していました。

また、事故が起きたその時に現場では、強い雨が降っていましたようです。

さらに、事故現場では信号もありませんでした。

ですので宮里容疑者は、トラックでそこそこのスピードを出していて、前が見えていなかった可能性が高そうですね。

そのうえ、宮里容疑者はトラックで引っ越しの荷物も運んでいたようですので、時間がなかった可能性もあります。

今回の事故での罰則は?

今回の事故で宮里容疑者は、過失運転傷害の容疑で逮捕されました。

こちらの刑罰は次のようになっています。

過失運転傷害罪の罰則は、7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

引用;https://legalus.jp/

罰則は、7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金となっています。

また、今回の事故の被害者は死亡してるようですので、さらに重い罪のなる可能性もあります。

宮里栄吾容疑者の職場は?

宮里容疑者は、運送業者の社員であり、引っ越しの荷物を運んでいたようです。

ですので、事故が起きた世田谷区内にある引っ越しに関連している会社に勤めている可能性が高そうですね。

ですが、世田谷区内にはそのような業者が多数あり、特定には至りませんでした。

ネットでのコメント

ネットでは、今回の事故を受けて様々な意見が挙がっています。

・高齢ドライバー問題とは別に、最近横断歩道に歩行者がいても止まらない車のマナーが問題になっているけど、この事件は横断歩道を渡っていた人を轢いたわけだから言い訳できないね。

信号のない横断歩道は一番止まる県でも58.6%で一番酷いのは0.9%だからな
警察は交差点の一時停止やシートベルトの違反だけじゃなくてこういうのも取り締まればいいと思う
私服警官が横断歩道横で待機して止まらなかった車をその先に配置した警官が誘導すれば入れ食い状態だろ

横断歩道で止まる車は少ない。
歩行者優先であっても危険。

信号なしの横断歩道は確認しないと危険。雨なら余計に危険だ。
そもそも道交法違反だしな

引用;https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

最後に

今回は、宮里容疑者の起こした事故についてみていきました。

交通事故は、車がある限り付きまとうものですから、ドライバー一人一人が注意していくことでした無くすことができないものですね。

この事故をきっかけに、事故が減ることが望まれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする